夏の焙煎時の相棒は彼に限ります!

 

 

OPENのお祝いに頂いた冷却マフラー(?)

彼とは3シーズンの付き合いです

エアコンをかけていても、焙煎機は200度を超えます

ぴったりはり付いた状態で作業を進めるには、

とても夏は堪えます

今年の夏もいつまでも暑い日が続きました

無事乗り越えられたのも彼のお陰?!

うちでは火を入れると最低2時間はもやし続けます

コーヒー豆を投入すると一旦は窯内の温度が下がります

再び徐々に上昇し160℃~170℃で一度目のハゼがきます。この時はまだ暑さも序の口で、この後180℃、190℃と上昇が早くなります

いよいよ2度目のハゼが始まり、窯から出す寸前は200℃前後

煎り方の度合いによってま210を超えるくらいまでガマンです

 

額からも背中にも汗がつたいます

そんなこんなの時に首を冷やしておくととても楽なんです

 

涼しくなった今更ですが、

手首や首の周りに、冷蔵庫で冷やしたおしぼりとかでも、当てるだけで汗が止まるそうです。動脈と体表が近い場所で、血液を冷やして体を冷やすらしいです。

 

来年もお世話になりますね。

よろしく!

 

 

店舗・企業様及び 個人のお客様

オリジナルブレンド

及び

出張講座を承っております

 

      お問合せは

         こちらから

山本珈琲

■住所:焙煎工場

〒921-8177

石川県金沢市伏見台1-6-13

  ハッピータウンクオレ内

TEL:050-5241-0618

FAX:076-203-0237

 

■お問合せ

 月~金 10:00~18:00